運輸カリスマ行政書士を目指して奮闘中!主に業務内容をアップしていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
横領:賠償金など9億着服元弁護士に懲役14年 岡山地裁
弁護士による横領事件がニュースになることが多いように思えます。他にも後見人の立場を利用した横領など、法律専門職の筆頭資格ですよ。一部の方でしょうが、しっかりして欲しいですね。


横領:賠償金など9億着服元弁護士に懲役14年 岡山地裁
毎日新聞 2013年08月28日 19時44分

 交通事故の賠償金など約9億円を着服したとして業務上横領などの罪に問われた元弁護士、福川律美被告(65)=岡山市東区=の判決が28日、岡山地裁であった。中田幹人裁判長は「弁護士10+件の職責に真っ向から反する行為で、被害者の信頼を根底から裏切った」と、懲役14年(求刑・懲役15年)を言い渡した。

 判決などによると、福川被告は2006〜12年、交通事故の損害賠償請求訴訟の賠償金として振り込まれた現金約2億2600万円を依頼人に渡さず着服するなど、計約9億円を横領するなどした。

 弁護側は、福川被告が、賠償金が振り込まれる前から依頼人に頼まれ、金を立て替えていたことに触れ、「依頼人の執拗(しつよう)な要求で立て替えた金が増大し、取り返しがつかなくなってしまった」などと情状酌量を求めていた。

 しかし、中田裁判長は「依頼人との間で面倒な事態になるのを避けたいという安易な考えから横領に及んだ。被害者の生きる糧を奪う悪質な行為」などと退けた。

 弁護側は「本人と相談して控訴するか決めたい」としている。【原田悠自】

.
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。