FC2ブログ
運輸カリスマ行政書士を目指して奮闘中!主に業務内容をアップしていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
従業員への求償権(民法715.3)
従業員がおこした交通事故により第三者に損害を与えた場合、使用者が負担した損害相当分を従業員に求償できるかとの問題

そもそも法律で認められているとはいえ、会社のために貢献してくれている従業員に求償するなど本末転倒ではあるが、現実に任意保険に加入していない程度の会社では遠慮なく従業員に求償しているようだ。大手運送会社では任意保険に加入していないらしいがこれは資力があるからである。しかしそうでない会社が任意保険に加入しなくて、大きな事故をおこしてしまうと、あっという間に経営は傾いてしまう。

次の判例が参考になろう

「会社はわずかな保険料を惜しみ、その上で月給が少額な従業員に負担させて補おうとしている。」民法715条3項「求償権の行使」の趣旨を逸脱したものといわざるを得ない」

様々な経営事情はあろう。しかし誰もが危険であることが分かる程度のリスクヘッジが出来ない経営者の姿勢がもっとも問題で、至極当然のことと言えよう。



次回無料相談会

10月30日(火)

詳細はこちらまで
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。