運輸カリスマ行政書士を目指して奮闘中!主に業務内容をアップしていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
医師面談に同行しましたが...
先週末、兵庫県高砂市にある病院へ交通事故被害者の依頼で、後遺障害診断書を作成するにあたりアドバイスが欲しいとことで、医師面談に同行致しました。

ところが、この病院は患者以外の者とは面談に応じないとの方針とのこと。

10年以上このお仕事をさせていただいていますが、こんなことは全くはじめてのこと(~_~;)

ひとつ考えられることは、そもそも医師は、裁判沙汰など何かと面倒なことに巻き込まれたくないというのが根底にあるので、弁護士や行政書士などが面談に立ち会うことを毛嫌いしている方がいるということです。

恐らくこの医師も治療に関しては、懸命に取り組まれていることでしょうが、そもそも医師の本業ではない場面には、かかわりたくないというのが本音なのでしょう。

それと、もうひとつ、アポなし訪問をしてしまったということ。

これは最悪ですね。

依頼者には事前にアポイントを取るようにお願いはしていたのですが、忙しさのあまりしていただけてなかったとのこと^^;

事前にアポイントをとって病院側から断われておれば、また違った方法があったんですが...

教訓です^_^

3月度の交通事故の後遺障害診に関する無料相談会

28日(月)・30(水)

詳細はこちらまで
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。