運輸カリスマ行政書士を目指して奮闘中!主に業務内容をアップしていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
異議申立の結果、14級から12級に変更(腰部)
101.jpg
本年出だし上場!
交通事故による後遺障害異議申立をした結果、14級9号から12級13号に変更となりました。審査に約3か月超かかりましたが結果がでてお客様も大満足です。
決め手は、MRI画像を精査したところ、腰椎椎間板ヘルニアによる、①左優位の神経根(馬尾神経を含む)の圧迫所見が認められたことと、②反射に異常が認められたこと、さらに③左下肢の筋力低下があったこと、④左SLRで陽性が認められたところです。

異議申立をしなくても最初の段階で、12級が認められてもいいはずですが、現実的にすんなり12級が認められる事例は少ないように思えます。よほど自覚症状が重い(9級に近い、神経症状は12級の上は9級となります。)場合、すんなり12級に認定といことがありますが、審査機関の審査の傾向を見ていると、12級か14級か微妙なケースは、一旦14級に認定し、もう一度申請することによって、12級ということも少なくないのように思われます。とはいえ数ある申請の中で12級の条件にあてはまることは数少ないので、現実は14級どまりというのが多いのではないでしょうか。

当事務所では、長年の経験により、特にむち打ちなど目に見えない後遺障害認定を得意としていますので、何等級に該当するのか大よその検討がつきます。悩まれておられる方はご相談ください。

2月の無料相談会

25日(木)・26日(金)です。
相談会場:当事務所

詳細はこちらまで
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。