運輸カリスマ行政書士を目指して奮闘中!主に業務内容をアップしていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PTSDは14級が限界!?
自賠責紛争処理機構へ申請していたPTSDに対しての後遺障害等級に関する結果がかえってきた。

同時期に2件申請したが、いずれも14級で変更なし。

(1件は自賠責紛争処理機構に申請する前に非該当から14級へ認められている。)

2件ともフラッシュバックによる過呼吸の症状が重く事故から数年経過しても職場復帰出来ない状態。一件は産業医から職場復帰の許可がおりない状態だ。

PTSDとは『非器質性の障害』とされるもので、その原因が画像等で他角的に証明ができないため、等級認定が難しいとされてる。

それだけに医学的に立証が難しいため、客観的判断材料が求められる。どのような事故であったか?①死んでいたとしてもおかしくないようような大きな事故であるか?それに②加えて怪我がどの程度であったか?この2点がポイントで、症状は二の次のようである。

少なくても私の経験則ではそのように思う。

一方はトラックどうしの正面衝突の事故、一方は横断歩道で親子で横断していたところを信号無視の車両に跳ね飛ばされ数メートル飛ばされる事故。これでも死に直面するような事故ではないという判断であった。理由は怪我の程度が軽いということ(そのように読み取れる)。

なんか釈然としない。

どうやら自賠責も労災もPTSDについては積極的に認めようとする姿勢がみられない。否定の理由があまりにも抽象的で一般医学的な根拠であり、明確ではないため説得力に欠ける!

私は思う。PTSDでお悩みの方は、まず14級をとって因果関係を明らかにした上で、裁判をした方がいいと思う。自賠責や労災にはあまり期待してはいけないと。

PTSDのご相談も随時受け付けております。

因果関係がないなどで非該当の方、また上記①②をクリアしてるにも関わらず認められない方、あるいは14級のままの方、ご相談下さい。

次回無料相談会

11月30(水)

詳細はこちらをご覧下さい。
スポンサーサイト
PTSDについて思うこと
以前ブログでPTSDについて因果関係が認められ14級が認定されたことをお話ししました。

詳しくはこちら

ご本人は就労の意欲があるにもかかわらず、産業医から症状を勘案し職場復帰不可と宣告され大変厳しい状態なのだ。そのため人ごととはとても思えない。

その後、新たな医照を基に異議申し立てをしたのだが、残念ながら14級のままであった。PTSDの様に画像で客観的に判断できないケースは、14級を超える認定は自賠責実務上可能なのであろうか?そうでないならば14級を超える等級認定表が存在すること自体おかしい!

やはりこれは訴訟するしか解決方法はないのであろうか。。

ラストトライとして、自賠責紛争処理機構へ申立しその結果と、次回の産業医の診断結果次第で訴訟へ移行する可能性が高そう。


次回無料相談会
7月13日(水)

お持ち頂きたい書類のご案内はこちらまで
PTSD 異議申し立てで因果関係認める(自賠責)
交通事故によりるPTSDを患う。

しかし事故との因果関係がないという理由により後遺障害には該当しないと自賠責が判断していた事案で、このたび異議申し立てした結果、因果関係が認められた。

異議申し立てへ向けての準備(平成22年11月9日掲載)

心療内科にかかっていない9ヶ月にPTSDの症状があったことを証明できるかが鍵であった。

事故直後からは整形外科と形成外科の二つ病院にかかっていたことから、関係が良好であった形成の医師をたよって医師面談することにした。しかし医師は現在他院(岡山県)にて勤務しているため、私が知りたいことを医療照会状という形で作成し、依頼人に託した。

医師は当時のことを良くご記憶になられていたようで、協力をえることができたのである。

結果は14級であるが、大成功といる。何故なら裁判で因果関係を争う手間が省けたから。。

しかし、医療照会をかけ再度異議申し立てはするつもりだ。もとろん訴訟をみこんでのこだが

次回無料相談会

平成22年3月10日(木)

詳細はことら


PTSD 異議申し立てへ向けての準備
交通事故で危うく死ぬような経験をするとPTSDと云う傷病を発症することがある。

本人の意思とは関係なく事故の記憶が勝手に蘇り、動悸、過呼吸、不眠、イライラなどの症状を残し、日常生活に大きく支障を来たすことになる。

申請から数か月経ってようやく結果がでのだが、残念ながらPTSDについては認定にならなかった。

その理由を要約すると、

①事故から9ヶ月経過してから心療内科にかかった。

②その間に症状の訴えが、整形外科等の他病院で窺えない。

まずはカルテを取り寄せるとしよう。。。


次回無料相談会

平成22年11月10日(水)

詳細はこちらまで
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。